珍しく2つ更新  アナ雪について

ちょっと下↓の話のトラブルがあったので、更新止まってました。

アナと雪の女王ですが、初級バージョンと、中級バージョンの本も購入しました。

Youtubeで音楽も一緒に聞いていますが、

ほんとに歌い手が上手いです。

小さいアナも中くらいのアナもとても上手。

そして、この話題はほとんどの子が付いて来れます。

ドヤ顔で「先生は、アナ派?それともエルサ派?」て聞かれるのでどっちでもいいんだけどと思いながら

アナ派かな?っていうと、私も~~(#^.^#) と・・・(笑)

そして、歌も歌ってくれる子が多く台詞も全て覚えて、まぁ楽しそうに歌うのねぇ~(笑)

youtubeでみれるので、スマホを使って親御さんが見せてくださってるらしく、

パーフェクトに歌いあげる子もいます。

大事なのは、映像を思い出して、映像とリンクして歌を歌う事。

考えてみればこういうことってって今までの子供たちの環境には無かったと思うのです。

物語の中に入り込んで、気持ちを入れて歌に織り込んで行く。

それが出来て初めてピアノに(指先に)反映できるのですよね。

 

ありのーままのー

ではなく

ありの~(ふわっ)ままのぉ~(ふわっ)というイメージ

これが大切なんです。頭の中でしっかり歌い上げる事が出来ていると、ピアノになった時も「歌心がある演奏」になるのです。

このアナと雪の女王、もちろん初級レベルでもひけない子がいますが、それでも(弾けなくても)

アナと、エルサになりきって歌って欲しいと思います。それが必ず「歌心につながる」とそう思います。

いつもの教則本を止めて、アナ雪の曲を弾いている子も沢山いますが、これも「素敵な遠回り」だと思います。

 

アイドルで育った子供たちが初めて知った歌唱力・・・だったような気がします。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA