生徒さんに緊急お知らせ

今日、プログラムが届きまして、今日から一人出演につき、3部お渡ししていますが、(2人で5部)

夕方の生徒さんのお母さんが「あれ?中2の子供さんいないんですね」

という一言でもまだピンとこなかった私。

そして、レッスンが終わったあと、じっくりみると、あれ・・この子中2のはず・・・とデータを見ると中2になってる

でもプログラムの写真には中1

しかーーも あと2人の中2も中1になってる

オーーマイガーーーーーッ

夜中に業者さんに電話

シールみたいなのを緊急で作って送るので貼り直してください。

校正何度もしたのに・・・したつもりなのに、思い込みってほんとに怖い。

せっかくのプログラム・・思い出に残るものだもの。

「いえ、シールより・・刷り直ししてください。こちらでお支払します。」

とお願いしました。

だって、校正の時に気が付かなかった私のミスだもん。

新しいのが到着するのは月曜日です。

今日お渡ししたのは、廃棄してください。来週新しいのをお渡しします。

そして、明日、あさっての生徒さんには間違ったものですがとりあえずの雰囲気だけということで、1部ずつお渡しします。

来週改めて新しいのをお渡しします。

申し訳ありませんでした。

ショック~~~~~~~~

 

昨日お渡しした方には来週新しいものをお渡しするので、昨日の分は処分してくださいますよう、お願いいたします。

今日(金曜日)は、とりあえず、間違ったものですが、1部お渡しします。雰囲気を掴んでくださいね。来週正しいものを改めて3部お渡しします。

明日(土曜日)の方は、とりあえず一部お渡しします。

大変申し訳ありませんが、新しいものは取りに来ていただくか、当日封筒に入れて、受付に置いておきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

生徒さんに緊急お知らせ への2件のフィードバック

  1. chieandmusic のコメント:

    ご無沙汰です。
    プログラムの名前とか、めっちゃ必死で確認しても、やっちゃいますよね・・・
    私も1度名前の○菜を○奈にして本人に指摘されて大変でした。
    最近は印刷前に、レッスン時に本人に原稿を見てもらい、曲名名前を確認してます。
    神経使う作業やけど、プログラムは大事やもんね・・・
    心中お察しいたします。ファイト!

    • 折田音楽教室 のコメント:

      そうなんです~
      名前は気をつけたつもりです。学年も気をつけたつもりなんですけど
      後からよく考えると、小学生は6年まであるけど、中学生は3年しかないので
      間違えるわけないとどこかでタカをくくっていた自分がいました。
      まぁ全て私が悪いんです。(^_^;)痛い勉強代になりましたが、月曜日から気持ち良く渡せそうです。
      って違うところにミスがあったりしてぇ~~~(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA