息子続き

小学3年と6年を持つお母さんが、昨日のレッスン中(上のお姉ちゃんの時)に「も~先生、下の息子が勉強出来なくって困ってます」

私「小学校の低学年の学力なんてこれからですよ」

お母さん「そうですか?もう~ほんとに心配で」

私「まだまだ可愛い心配ですよ。うちなんて、息子が東京に転勤になっちゃって・・・(/_;)」というと

「あらぁそれは寂しいですね」と言ってくださったので
「そうです。東京なんていっちゃったら、帰ってこないでしょ・・

向こうで結婚でもしたら、もう絶対帰ってこないしね・・・

だから、あの子を3日かかって産んだ事も、気持ちのいい陽の下で赤ちゃんの時に乾布摩擦をしていた幸せな時間も、

詰まった鼻水をすってやったことも、体から離さないようにずっと抱っこ紐で抱っこして、なめるように可愛がって育てた事も全て忘れる努力をするんです」
というと、真ん中で聞いていた6年生のお姉ちゃんが涙をぽろぽろ流して泣きだしました。
お母さんと二人で「なんでやねん」と突っ込みました(笑)

息子は

大阪では、お店のコンサルティングをする仕事をして、夜遅くまで仕事をしていましたが、今度は開発とか企画の部署になるようで、

仕事内容も変わります。それで楽になればいいんだけど・・・

なんせ、本社なのでかなりの人数でしょ・・・大丈夫かなぁ

1月という時期に転勤になったので東京に見に行くと高い所しか残っていなかったみたいで、9万弱の家賃になるそうです。

会社からは家賃補助が出ないので大変です。

ご飯は会社で無料で食べれるらしいけど、家賃が大きいですよね。
「手も口も出さないけど、困った時は親がいる事を忘れないように」とラインをすると 速攻で

「あざっす。じゃ、毎月1万円ずつくらい送ってください」と来たので

 

 

「もう親は死んだと思いなさい(;一_一)」
と送っておきました。

だって・・・収納が少ないからお母ちゃんの布団入れる所がないじゃんというと うざそうに「そうやな」て言うのに・・・
誰が一万も(笑)

 

子供との別れをどうやって世の中のお母さん達は受け入れていかれるんだろう・・・とここ数日悩んでいましたら、口唇ヘルペスになりました(-_-;)

(薬を持っていたので治りましたけど)

昨日もレッスンだったのだけど、早めに終わったので、はじめてのお使いを観ていると

子供が自分で「行こう!!」と思った瞬間

後ろを振り返らずにまっすぐ前を向いて行くんですよね。

お母さんは泣いて見守るんだけど、子供を信じるしかないし、成長を感じ嬉しくもあり、寂しくもあり・・・そんな姿が自分と重なって

親離れ・・・して当たり前なんだと少しふっきれました。

と言ってもヘルペスは治ったけど、今日はめまいです。

なんだかすっきりしない体調です~気力でがんばります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA