せきす~~~いはうす~~♪

毎回コンスタントにきちんと練習してくる Mちゃんのお母さんから

レッスン前にメールがありました。

「うちは一条なんですけど、積水ハウスのCMにはまって弾いています。

どうしても左のコードが解らない所があるみたいで・・・みてやっていただけますか?」

はいは~い(#^.^#)

伴奏付けの練習では最高のネタです。(笑)

さてさて、うでまくりっと♪

「積水ハウスの曲ひけるんやって??ひいてひいて~~~」

というと、右手を弾きながら、左手を ん?ん??これ?と探りながら弾いてます。

そっか、そっか、左手はその調で使えるコードはあてもんじゃなく、

ちゃんとした理論があるんだけど、それを勉強したら納得しながら使えるからそうしよか?というと「はい(#^.^#)」

30分しかないので、彼女が拾ってきた音を私が譜面にして行きます。

(ほんとはね、そこまでしてほしいけど)

ト長調だったので、ト長調のダイアトニックスケールを書いて

それにコードネームを付けて行きます。

それとドッペルドミナントを別に書いて(彼女は2巻をしています)

これのどれかで、大体の曲はいけるはずだよ。

と右手を弾きながらその中で全て弾いて行くので

ほらほら、主要3和音ってのは勉強したじゃん?

まずはそれのどれに近いか・・・ということを考えて。

そーそ、それであってる。ほ~らわかったじゃん~

あっそれは主要3和音全てに合わない音だね、じゃ、違うのんから探ってみて、でもメロディーの重要な音がヒントになってるんだよ。

おおっこれはどれにも合わないね。じゃこの横にあるドッペルドミナントはどう??

と弾くと、まるで最後のジグソーパズルがぴったりあったようにすっぽりはまります。

Mちゃん、にっこり♪

と全部伴奏付けが出来ました。

と、ここで30分

あーーーーーー(~_~;)

ごめんね、せっかく他のも全て練習してきてたよね。

積水ハウスだけの時間になっちゃったね。

と、帰ったあと、お母さんにメールをしておきました。

すると、いつもと違ってレッスンで楽しかったらしく

帰ったらすぐに練習していました!

と嬉しいご報告。

そうそう、ほんとは大事な勉強なの。

私が小さい頃、好きな曲に伴奏付けられなくてどれだけ悩んで、そして、挫折したか(笑)

 

昔の私に私が教えてあげたい(笑)

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA