悩める乙女?

ずっと来ていただいていたDVD屋さんと写真屋さんですが、DVD屋さんは、4枚組で破格のお値段で丁寧なお仕事をしてくださいました。

ただ、それを観て次の年の選曲をされる方が多く、同じようなプログラムになるという事に危険を感じ、しかも小さな子供たちは大きな子達の演奏を励みにしてくれるのですが、大きな子達は、4枚組は必要ないのです。

でも業者さんは、機材を用意して、一日つぶして来てくださるわけで、それなりの収入の見込みがないと来てくださいません。

考えた末、これはもう個人(その子だけ)でも良いよと言ってくださる業者を探そうと思ったらある方の紹介で写真を買ってくれたらDVDは希望者だけでいいよという業者の方を見つけました。

去年の方なんですけどね。

確かにソロだけ、しかもその分お安くしあがり、希望者だけと言う事でそこの部分は良かったのですが、写真の仕上がりが私が思ったものと違っていたのです。

発表会は一年に1度の事。大事に扱いますがなるべくなるべく保護者の方の負担を少なくする為に頭をひねります。

すべて、自由にして「我が子だけ」という縛りだけにするという案ももちろんあります。

ただ、それだと、生演奏を目視出来ない、ファインダー越しに見るのは見た気がしないとおっしゃる保護者の方もいらっしゃるのです。

困りました。

そこで麻美先生とめぐみ先生のお知り合いである方をご紹介いただきました。

プロのカメラマンです。

写真はインターネット上でパスワード付きで売ってくださると・・・ただし、決算費用が掛かるので、それに上乗せされた金額になりますとの事。(それでも安いとは思いますが)

でもそこでも何枚以上という縛りを付けないと、僕たちが行っても全く売れないようであれば、赤字になりますと・・・。

なるべく、私の意にそったご提案をしますとおっしゃってくださったのですが、そりゃね、向こうも丸一日かけて機材を背負ってきてくださる限り、ある程度の収入が見込めないと商売にはなりません。

私は、皆さんの負担にならないように、なるべく多いであろうご意見のニーズにお応えするべき事を業者さんにお伝えする、

業者さんはがんばってくださるんだけど、どうしてもそのラインのせめぎ合いになるわけです(笑)

お願いすれば、高額ですが、ライブ中継も出来るそうです。

遠方の方も寝たきりの方もパソコンで映像が生中継で見れるそうですよ。でもね~それも誰でも見れるというのもネックでしょ?

昨日は午前中2時間の電話の攻防戦でした(笑)

結局、私が次の広報誌をかくまで、譲歩できるものならご提案ください。もし私が思うようなご提案でなければ、業者の方は入れずに、保護者の方に全てお任せする形をとります。

我が子だけという縛りと、ビデオを撮る場所の確保だけにして・・・。

保護者の方の代表もあり、そして私自身のプロデュースの発表会の満足度を高める為に、攻防し(笑)これなら、保護者の方も納得してくださる方が多いであろうという事でしたら業者の方にご依頼します。

土曜日までにお返事くださいと言っているので、それ次第で、申し訳ありませんが、私の鶴の一言で決めます。

広報誌に書きますね~~~

それから、今回のプログラムは楽器店の広告を載せます。

少しばかり援助していただけるので、それで舞台を飾ろうかなと思案中です。

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA