お知らせ

今週の月曜からお渡ししている広報誌には書いているのですが、

来年一月より値上げをさせていただく事になりました。

みんなで悩んで悩んで出した結論です。

それぞれ500円ほど上げさせていただく事になりました。

 

ピアノのお月謝は昔に比べるとある意味価格崩壊が起きております。

40年前、大学初任給が9万くらいの時に私が個人のピアノ教室に行っていた時は8000円でした。もちろん振替も全く無し。

その頃に比べたら、お習字やそろばんなど、団体で教える所に比べると、個人個人に対応させていただく習い事にしてはかなりお安くなっていると思います。それは業界全体的にですね。。。

なので、それは気軽に習える習い事になったと言う事で、私もその昔、若い頃はもっとお安く設定していました。

この話は以前したことあるかもしれませんが、

ある日、お母さんが二人のお子さんを連れてやって来られました。

そして「うちの上の娘はお高い所で習っております。だけど、下の息子はそんなに力も入れる気無いですし、練習もしないと思うのでお安い先生で良いと思ってお願いできたらと思って連れてきました」

と・・・

お安い先生って私の事ね。

その時に、安いと言う事が人の為になるというのは間違ってるんだ。

と思うようになりました。

もちろんその方はお断りしましたが・・・。

その出来事がバネになり、自分なりにパワーアップして、

お蔭様でヤマハから本も出版させていただき、セミナーもさせていただくという所までがんばって来れました。

そして自分の教室を確立出来たような気がします。

ある意味その方のお蔭かもしれません。

その出来事から、適正価格を考えるようになり、数年ごとに少しずつ上げさせてきましたが、今回も自分の年齢も考え、皆さんのご負担もという折り合いをつけ、考えた結果の金額を書いております。

それから、うちは、年齢、またはスキルによっての値上げはありません。どれみ~~~の子もソナタをする子でも一律です。

 

ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

申告の関係で来年1月からとなります。

 

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA