レッスン日記」カテゴリーアーカイブ

本日29日はやっぱりホームセミナーでございました。

数日前にカレンダーに「セミナー」と書いていただけで、いったいどなただったかさっぱりわからず

のんきにバーゲンでもと思っていたら

「明日お願いしますね」

「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーやっぱり?」

と自分のお馬鹿さかげんにあきれた私でございます。

今日は、以前 ホームセミナーに来てくださった先生のご紹介で

神戸市内から4名の先生が来てくださいました。

みなさんお逢いするのが初めてだったので、緊張しましたが、

帰りの車の中で 一言

「よかったぁ 折田先生が口の悪い方で」

はぁ~?と聞いたら、品が良くってとっつきにくい人間じゃなくてよかったという逆説だったらしく(笑)

まぁ 褒めていただいたと思ってますけど(爆笑)

やっぱり、直接お話を聞くのが一番ですね!!

来て良かったです。

今度は個別で車でお邪魔します!!

とさよならしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月7日の調律ワークショップですが

あるお母さんが「ピアノの即売会ですよね?うちは狭いので・・・ピアノは」

と言われましたが

即売会出来るほどのピアノどこにおくんだ~い(笑)

純粋に、ピアノの中身を見て勉強して欲しいと思ってる 私と調律師さんが

大切な日曜日をつぶして(私も) するイベントです。

恩着せがましくするつもりは毛頭ありませんが

その分どうぞピアノの構造の勉強をして、しっかり堪能してください。

午前中枠はほぼ埋まりました。

締め切りは 明日(はやっ)とさせていただきます。

それから第2ピアノ室の山下先生の所のピアノはかなり音が狂っています。

新しいピアノはすごく狂い安いので3ヵ月を目安に調律しますが、この7日に調律しますので

もう一週間・・・我慢してくださいね。すみません。

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

週末のおしごと~~

うちでは、習ってる子のお兄ちゃん、お姉ちゃんがテスト前にテスト対策にやってきます

(その子のレッスンの時間に)

今週音楽のテストが学校であるということでのテスト対策

近所の中学の先生が変わりましたが、あるお父さんがその前の学校の子のテストを入手(笑)

ありがたい事です。それを参考にしながら、「山あて」テスト対策

それもあって、朝の8時台から夜の8時前までの土曜レッスン

そして、日曜日は北区のキャリー先生改め ひろこ先生がお友達先生を集めるので

講座を・・・というご依頼をいただいたので、行ってまいりました~

様子はここで↓

http://ameblo.jp/satc-nyph/entry-11559072392.html

そしてみんなでランチして、私は二人の先生を乗せて

三宮へ GO!

というのも、娘と三宮でぶらぶらしようかと約束していたので、娘は家から、私はそこから三宮に向かって

ヒト遊びをしてから帰って来ました。

帰ったら夫がエビフライを作ってくれていて、堪能しました。ありがたやありがたや~

そして、今週 配らなくてはいけない広報誌を印刷して、折りたたんでお月謝袋に入れて

土日のお仕事の終了のゴングがなったのは12時すぎでございました。

さて、今週もがんばりまっさ~~

今月号の広報誌は7月7日に決定した「調律ワークショップ」でございます。

出席されたい方は早めのご連絡をお待ちしております!

締め切りの日を書くのを忘れましたが、今週末までにはお返事くださいね~~

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

コードの個人レッスンと日曜日は北区で~~

昨日は、東灘から電車に乗り、バスに乗り遠くから1時間レッスンにお越しいただいてる

Oさん。

私よりも随分お姉さんですが(笑)

とっても素敵な方で、話をしても面白いし何より人生の先輩です。

老人ホームに歌を届けにいっておられます。

その伴奏にコードはとっても便利ですよね。 コードを勉強します。

と一か月に1,2度来てくださいます。

子供たちのレッスンは、コードだけの勉強ではなく、あくまでクラシックの中に入れ込んで使って行きますが、 

Oさんは私のコードの本を使ってだけの勉強です。

付箋がビラビラとひっついている本を開いて

「先生、これがね  どうして こうなちゃうの? う~ん難しいわね。もう~この家に住み込みたいわっ」

これが口癖で(笑)

楽しいひと時です。

今日はまた大阪から勉強熱心な先生にお越しいただきました。

生徒さんにもたくさん使ってくださってるようですが、これでいいのか不安なので・・・

と車で1時間の道のりをお越しくださって、やっぱりこの先生も本の上には付箋がビラビラ(笑)

次から次へと私に質問の嵐です~(#^.^#)  そして

「宿題を出してください!!!」と鼻息荒く(笑)帰って行かれました。

個人でこうやって来ていただく方は、命がけで習われるので(オーバーか)

まずしっかり勉強して来られるので、こっちも必死です。

でもとっても有意義な時間です。

ありがとう~ございます。

日曜日は神戸の北区の先生の所に参ります~

数名の先生方が集まってくださってるようで、はて、どんなお話しがいいのか。。。

リクエストあればメールでくださいね~~(#^.^#)

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

調律師さんによるワークショップ

お友達のピアノの先生から教えていただいた情報です。

調律ワークショップをしてくださる方を見つけました!!

ピアノの構造・仕組みのお話や調律体験!!、あとはピアノと電子ピアノの違いのお話をお聞きすることが出来るそうです。

折田音楽教室 レッスン日記  

その先生の生徒さんたちのワークショップ後のご意見だそうです

子ども達の感想

●ピアノの中が想像していたのと違って面白かった。

●音響板の存在を教えてもらって、足元から響く音を感じれた。

●物の仕組みが好きなので、とても楽しかった。

●ワークショップ終わって家に帰ってすぐピアノを弾いた。

●高い音と低い音の音程が狂っていると聴きとりにくいが、調律後とても音程がハッキリしてることに気付いた。

●今までと何かが違う感じがするような…

調律ワークショップ後、一緒に参加されたお母さんに頂いたメール

●ピアノの構造を見ることが出来て感動しました。

●生ピアノの素晴らしさを実感しました。

●生ピアノが欲しくなりました。

●小川さんの説明もわかりやすく、調律の凄さ、必要性を実感。

●いつもと違った角度からピアノに触れることが出来、とても良い経験をさせてもらいました。

●今後、微妙な音程のズレも子どもにわかるようになって欲しい。

あと、ハンマーを手にとって見せてもらい、ハンマーの硬さや張りのことなども少し教えて頂いたので、子ども達も親も「へぇ~へぇ~」言ってました(笑

アトリエ ピアノピア の小川さんのサイトです。

http://www.atelier-pianopia.com/

当日はお二人できていただけるそうで、素敵なお土産付きだそうです~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土日が良いそうなので、7月の7日 14日、15日

この3日の中から選びたいと思います。

お母さんも入れて、5組くらいしか無理かなぁと思いますが

1回につき40分くらいだそうなので、1時間ずつ区切って募集したいと思います。

その一回を人数に応じて数回やってくださるようです。

第1ピアノ室はC3のサイレントなので、少し難しいようですが、サイレントはサイレントの説明もしていただきましょうか。

第2ピアノ室のC1-Xも おそらく開けてくださると思います。

狭いので、あっちこっち移動が大変ですが、

ぜ~~~ったいお勧めです。

参加費無料なので、ぜひどうぞ

ただ、大体の人数が知りたいのと、この3日ならどれが都合がいいかなども教えていただけたらと思います。

めったにないチャンス

というか、私も拝見したことはありまっしぇ~ん

うちの教室の生徒さんに限り(もちろん、山下先生の生徒さんも)

山下先生も参加です~

次のクレッシェンドで詳しく書きますが早めに日程を決めますね♪

参加希望の方は日程が決まらないと無理かなぁ~~

7日は七夕だから覚えやすいかなぁ~~~(#^.^#)

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

なが~い日曜日

 

6年ほど単身赴任に行っていた夫が帰還しました。

日曜日はその荷物の搬入。

まぁそりゃもうね、ガラクタばかり持って帰り、そして夫が向こうで乗っていた自転車と車も加わり、

家の外も家の中もぐっちゃぐちゃでございます。

これがまた先週ならともかくも今週は雨が続きそうで布団の始末も出来ないし(~_~;)

そして新しいダイニングテーブルがお昼から搬入ということで、古いのは母の所へ

(洋裁をする台としているんですって)

家具の引き取りをしてくれる中古ショップへ持って行っても「売れなかった」と持ち帰るし。

そりゃね、息子が生まれたときに買った23年前の籐のタンスなんて誰が買ってくれるのよ(笑)

夫が一言「なんでうれへんのかなぁ 見る目ないなぁ」

私「見る目ないのはあなたですから、全く・・・厚かましい(~_~;)」

そして、お昼から新しいテーブルの搬入

それから私はヤマハへ楽譜の買い出し。

しめて3万3千円なり

仕入れ

 

 

 

 

みんなでやると楽しい音楽カルタとやらも買ってきました。

いつするんだ(^_^;)

なんかやりたいなぁみんなでするグループレッスン。

大きなテーブルも買ったしね。夏休み?勉強会?グループレッスン?

夢はあるんだよ~~~~~~~(笑)

というわけで、いつもはあっという間に終わる日曜日ですが

今回はバタバタしていたので長い長い日曜日でございました。

同じ一日でも使い方によっては長く感じるものなのね~~とつくづく感じたのです。

夫は片道2時間かけて通う所へ行っていますが、早起きじーさんなので

マメに自分のお弁当を作って持って行きます。夫が出勤してから起きる私(^_^;)

そして、お残りをお弁当に詰めていく子供たち(笑)

私が仕事が終わりリビングに入るともう寝てるし(>_<)

まぁこれくらいすれ違う方がちょうどいい(爆笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

りゅう祭り日記、そして新しいもの・・・

実は去年の今日、りゅうが我が家の家族になりました。

私が柴犬と育って、言葉にはならないものをたくさんもらった経験があるので、

うちの子供たちにも犬か猫を飼ってやりたかった。

子育てで一番後悔したのは犬か猫を飼ってやらなかったことだと思っていたんです。

でもね・・・もう子供たちも大きくなったので、あきらめていたのですが・・・ショップで 出会いがあったんです。

まさかの猫ちゃん

この年齢で飼うのは勇気が必要で、悩んで辞めて悩んで辞めてを何度も繰り返し

それでもショップに3回通ったのは初めてだったので、これは『縁』だったのでしょうね。

連れて帰ったらそりゃもうメロメロで

ryuねんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りゅうくんが欲しいものぜ~んぶ買ってあげる♪

親ばか炸裂

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月23日

 

 

 

 

 

 

 

起きてもかわいい

8月25日

 

 

 

 

 

 

 

 

寝ててもかわいい

8月1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、彼がかわいい時に私は大きな仕事を請け負ってしまい、

なかなかかまってやれず、仕事の邪魔をしに来ます。

でも可愛い

9月2日1

 

 

 

 

 

 

 

ときど~~き、生徒さんの要望があれば、りゅうがレッスンルームに出現しますが

何もしないと解ってる子にはもう完全に安心してお腹を見せます

大きくなっても可愛いもので・・・(笑)

12月3日1

 

 

 

 

 

 

 

 

調子に乗って家の中を走り回って、止まってる瞬間に撮った写真

いたずらっこの顔も可愛くて

調子ノリ中

この子がいるからがんばれて

この子がいるから癒されて

この子がいるから明日が楽しみで

そんな生活に変わりました。

そして、一年後の今日、また新しい出会いがありました。

6.

 

 

 

 

 

 

 

すっかりでっかくなったりゅう

ついでに態度もでっかくなって

「何々~~なんでここがこんなに広いの?何か来るん?」

はい、結婚して26年

色々家族の成長を見守って来てくれたテーブルとお別れして

新しく来たのはこれ

6月9日

 

 

 

 

 

 

おやぢじゃないよ。ダイニングテーーーーブルッ

新しい家になっても我慢して古いのを使っていたのですが、これも素敵な出会いがあって

本日搬入

4人家族なのに6人用

パソコン教室じゃないよ(笑)

これで、また家族の思い出と歴史を紡いでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

かも~つれっしゃ とセミナー

 

進学校に入ったので勉強ばかり忙しいだろうから、練習出来ない時はコードの勉強しようね

と言ったのに・・・

まぁ なんだかよく練習してくるIちゃんです。

珍しく「先生、今日は練習してないねん、テストやったし、あ・・成績表見せてあげる お父さんより先やで(#^.^#)」

と素晴らしいテストの成績表を見せてもらいました。

先生、再来週、学校から保育園に行くねんけど、わたしらの班で考えたことをすんねんけど

かも~つれっしゃ~しゅっしゅっしゅ~~~♪の曲あるやん

あれ、私が弾こうと思うねんけど、楽譜ある?というので

ん?ナイナイ、そんなもん無くっても出来るやん、はい、これこれっと私が弾くと

おおっ!!これこれっとすんなり弾いてました。

でもさぁ先生、これ低くない?もうちょっと高い方が良くない?というので

そだね~ちょっと低いから最初は高い位置でやって、だんだん盛り上がったら下だけ一個下げたら?

もりあがりっぽくなるよ。というと、あっちに移動したりこっちに移動したりして工夫して楽しんでました。

来週もあるけど、完璧やなといったけど、来週は転調させたろ~~っと(笑)

 

9月にさせていただく大東楽器さんのチラシが出来たようです

今回は2時間、新刊3冊での講座です

お近くの方は是非どうぞ~~~

写真は4年前のですが(笑)

あと、7月にも関西ピアノ芸術連盟さまでさせていただきますが

これは「両手になったらコードネームでひいちゃおう」3巻での内容です。

生徒さん向けのアプローチです。

大東さんの方は先生のお勉強です~~

2013-06-06 09.46.17

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

今のピアノ教育にモノ申す

という厚かましく衝撃的な件名で ミュージックメディアにメールをさせていただいたのが

そもそもの私の本の始まりでした。

どうしてこんな便利なものを子供たちに教える教材が無いのか

好きな曲に伴奏をつけられないまま ピアノ辞めちゃったらどうするの?

コード知っていたらたっくさん良い事があるのに、どうしてピアノの勉強の中に組み込んで無いの?

そういう思いで、コードを教える事は必要な事だと自分を信じてやって来ました。

同じ思いで、ピアノのレッスンをされている方も多く、松原市の

けいこ先生もしっかり書いてくださっています。ぜひ飛んで読んでみてください。

今月から保育者向けに、本格的に勉強会を開催されるそうです。

けいこ先生は昔からですが、

時代はようやくコードを取り入れてみようか?という先生も少しずつ増えてきたように思います。

おとといのしょうこ先生も「今はコードネームも教えています」とおっしゃっていました。

藤拓弘先生も私の本を使ってくださっているそうです。

でも逆に、●コードを教えたら、ヘ音記号が読めなくなるんじゃないの?とか

●別にコード知らなくても私はピアノの先生になったからやっぱり必要ないのよ

●他に大事な事を教えてるから、そんなのする暇ないの。

とおっしゃる先生も少なく無いのも現状です。

勘違いされては困るのはコードを教えたからといってヘ音記号が読めなくなるなんてことはありません。

確かに譜読みの苦手な子はいますが、コードを教えた事によってヘ音記号が読まなくなった子はおそらく一人もいません。

コードを教える事でマイナスになることは一つもありません。

もう一つ大切な事

これはメイン教材ではありません。

ようするに、ご飯でもないし、お肉でもお魚でもないという事です。

フルーツや生野菜・・・ようするにビタミンです。

正直、無くても生きられます。でもビタミンは体の調子を整え、体の動きを円滑にするものですね?

まさにそんな感じです。総合ビタミン剤といっても過言はありません。

なので、レッスンの最後の5分でもいいし、発表会前は無くなることもあります。

でも逆に練習してこれなかった中高生の救いの本でもあるんです。

昨日来られた先生が口を揃えておっしゃったこと

どうして、もっと小さい時に私の先生はコードを教えてくれなかったんだろう。

と言っておられました。

そして、知れば知るほど必要性を感じるともおっしゃっていました。

その中のH先生は、今月から生徒全員に取り入れますという事で、写真を見せてもらいました。

橋本先生の本1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に、心の底から、子供たちにコードネーム奏法を身に着けてあげたい!

という一心で、これだけの用意をされて、うちに来られました。

お三方とも、

著者の考え方、使い方を知りたいという強い思いで、遠い所から真剣に勉強に来られたんです。

別に私の本を使っていただかなくてもいい。

世の中のピアノ教育に、コードネームを組み込んだ教育をどこのピアノ教室でも教えてもらえるような・・・

コードネームを知っているのは当たり前

そんな時代が来ることを切に願います。

長くなりますが、もう一つ大切な事。

私は子供たちの横に座って伴奏を付けます。

子供たちの呼吸に合わせて、テンポに合わせて伴奏を付けてあげると、子供たちは喜びます。

それと共に脳にもとてもよい影響を与えます。(本当の話です)生伴奏じゃないと効果は無いそうです。

それだけではありません。

子供たちはメロディーだけを見ています。

私が伴奏を付けると、どんな感じの曲なのか、短調なのか長調なのか

どんな雰囲気の曲なのか、盛り上がりはどこなのか、どんな和声で成り立っているのか

リズムはどんなリズムなのか、呼吸・・・その全てを教える事が出来ます。

なーんにも言わなくても、先生が横で伴奏するだけで楽しいと感じて盛りだくさんのエッセンスが入ってるわけです。

4年前、私が最初に出した時はこれほど使ってる先生は正直いらっしゃらなかった。

コードが苦手な先生方もぜひ少しずつ取り入れてみてください。

今のニーズはコードネームです。

あちこち行かせていただいて切実に感じています。

ホームセミナーは苦手な先生が個別に来られます。

大きいセミナーは7月の31日 関西ピアノ芸術連盟主催で、決まっています。

9月は枚方の大東楽器さん

これも決まっています。

ご興味のある方はお問い合わせください。

ちょっと暑苦しい内容でした。ごめんなさい。

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

ウツボはウツボ

春に本を出版させていただいて、

講座がぽんぽんと決まって、その準備だの

ネットでの宣伝活動?!(笑)

新しい先生の生徒募集などなど、ずっとバタバタしてきましたが、

やっと木曜日から、待望の4連休でございます。

木曜日は後回しにしていた健診に・・・・

お昼からマッサージと 体のメンテナンスに使いました。

マッサージはその時だけ気持ちいいだけ・・・のモノですが

自分の「ゴゴッ」っといういびきで目が覚めるという・・・(^_^;)

嗚呼はずかしい。

金曜日(昨日は)大阪まで益子祥子先生の講座に出かけてきました。

すごい先生なので講座も大人気でしたが

あのパワフルさは真似出来るものでもなく(笑)

自分の出来る事をして行こうという思いになりました。

今回は講座を受ける側で行ったのですが、準備も綿密でしたし

レジュメもとっても解りやすいものだったので、とっても勉強になりました。

帰ってから娘が「今日の講座はどうだった?」と聞いてきたので

「うん、あの先生は仕事が生きがいで、魚でいうと泳いでいないと死んでしまう魚かな」

娘「ああ・・まぐろやな。母さんは?」

私「私は、じっとツボの中にいる ウツボやな」

というと「ぎゃははは  母さん、ウツボでも餌をとる時には泳ぐねんで、そりゃウツボに失礼や」

私「いやいやいや・・・私も泳いでますやん」

娘「まぁ そうでも、そりゃ値段が違います。マグロは一本何百万で取引されるねんで

ウツボは・・・なぁ・・・(^_^;) 商品価値がないよな」

私「うるさいわ。 私は身体も心も休める時間がないと死んでしまうの!」

娘「まぁな 母さんは母さんの確立されたものがあるし、ウツボはウツボらしくしてたら

そのうち、 とったどーーー!!って濱口みたいに、フューチャーされる日が来るかもな」

だそうで(~_~;)

顔なじみの先生達とお茶して帰って来ました。

今日は、私の本を使っているけど、ほんとはどうなの?というか、

著者の意図として、子供にどうアプローチした方がいいのか・・・などなど

個人的に3名のピアノの先生がうちに来てくださって朝から勉強会

ランチからまた一人加わり(笑)

4時くらいに帰ってまいりました。

さて、明日は、衣服の入れ替えかなぁ~~

りゅうとまったり出来るかなぁ~

まったりする時間がないと死んでしまう魚なので、明日は唯一仕事をしないで済む日になりそうです。

そうして6月だけで、小さいセミナーを3つ抱えてしまいました。

47歳最後月間 養命酒飲んでがんばりま~す

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中

あんたぁすごいじゃん

あんたぁというのは広島弁で、訳すと「あなた」という事です。

あんたぁというのはとてもくだけた言い方で、友達の中でも親密じゃないと言えません。

あんまり仲良くないと厚かましい奴だと思われるのでその使い方は大変難しいのですが

親愛の情を感じる仲であれば、この使い方は◎です。

でも親から子供には言いますが、子供から親に言った時点で絞められます。

広島生まれで広島育ちのこの私ですが、あんたぁと言ってくれる人は少なくなりました。

一人ずつ・・・あっちの世界に行ってしまいます。

広島であんたぁと言ってくれるのは、広島の私の師匠、沢田先生と、一部の親戚と、

今朝、あんたぁすごいじゃんと電話してくれた友人・・・・くらいでしょうか。

そのすごいネタというのが、アマゾンで細かい売れ筋ランキングの限りなく上の方に私の本があったと・・・

瞬時に変わるので一瞬だと思いますが、それでも嬉しいじゃないですか!!

折田音楽教室 レッスン日記  

ちょっとみにくいですが

バイエルとブルグに挟まれた4位です。

ありがたい事ですね。

ほんとに

感謝・・・しかありません。

みなさん、ありがとうございます!

カテゴリー: レッスン日記 | コメントする

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中