練習する子は・・・

3部のソロの最後を飾ってくれた二人は、「あの子すごかったね」

という話をよく聞きます。

そして、どうやったらあんなに練習する子になるんですか?

ですよね、聞かれると思ってお母さんに聞いておきました(笑)

姉弟で、ラストを飾ってくれた子達は

平日はゲームが出来ないんだそうです。(笑)

最近、子供たちに聞くと、何に時間をとられてるかというと、動画を観る事のようですが、

それも、ゲームも、土日だけなのだそうで、

習い事は塾などには行っておらず、平日は外遊びと宿題とピアノの練習で一日が過ぎます。とおっしゃってました。

外遊びは大事ですね。筋力もつくし、遊びの中から得るものは沢山あると思います。

彼らはゲームをクリアするようにピアノの練習をしているように見えます。

だから、宿題を結構大量に出しても「えーーいやや~~~」と言いながらもきっちりやって来てくれます。

毎日するから、音読みも早く、新しい曲のとっかかりもそんなに大変ではないと思います。

よく、発表会前には、楽譜に書いてあることは作曲家の意図する60~70%だから、その通りに弾いても素敵な演奏にはならない。

だから、あとの30パーセントは弾きこんでるうちに、自分でこう弾きたいと思うようになる。それが楽譜の向こうを読むということ。

と言っていますが、上手に演奏した子は(ミス関係なく)

それが見えた子だと思います。

他にもたくさん見えた子はいますね♪

それが発表会で難しい曲に挑戦して、長く一曲を弾くという意味なんです。

 

さて、関係ありませんが、

また今回、私 シミとり行きました(笑)

また一週間絆創膏生活の始まりです。

太田母斑というシミですが、その中にも色々あって

2歳くらいに出るもの

思春期に出るもの

30代後半に出るものとあるそうで、もちろんそれなんですけど、

その場合は、両側のほほに、ぱっと泥をちらしたように出るらしく

まさしく私がそれで、長く肝斑だと思って諦めていましたが

1回、春にしていただき、大分小さくなったので、今日は2回目です。

来年の4月、息子が披露宴をするらしく誰もみてくれないけど

息子が少しでも恥ずかしくないように、出来るだけがんばります。

痛かった(T_T)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA