選曲

大きな子、大曲に挑戦したい子、塾などで忙しい子は

そろそろ選曲に入ってます。

子供達に何弾きたい?と聞けば、ほとんどの子が「パプリカ」と言います。

誰に聞いてもパプリカ(笑)

音楽に好き好きがあるのは当然ですが、私たちのように教える立場としたら好き嫌いがあってはいけません。

だけど、パプリカはどうも好きになれない(爆)

ネットをみると

「メジャーな曲になったのは宣伝の多さや宣伝の仕方によるものです。」

など、私と同じ意見も沢山出てきます。

私の感性がおかしいのかと作曲の先生にも相談させていただきました。

おもちゃばこをひっくり返したような、子供の心をくすぐるように、意図的に作ってあるような感じ。

と・・・

それを、結構な人数が弾きたいと・・・

「それならさ、10人弾きたい子をつなげて、コンクールみたいにする?」というと

それは嫌だと(笑)

音楽的な要素が沢山あって、誰が聞いても素敵な曲であれば、いいなと思いますが・・・

 

好きな曲だと力が入る、練習するというのはわかります。

が、同じ曲が何曲もかぶるのはちょっとね・・・

かといって、早いもの順にはなって欲しくないのです。

いわゆる名曲といわれるものはクラシックであってもジャズであっても、ポップスであっても

一つの部で最初と最後くらいに一曲ずつくらいなら、分けてもいいかなと思うんです。

ポップスやジャズだからといって簡単なわけではありません。クラシックには使われていないような和音や、

リズムなどが沢山出てきて、クラシックより難しいものもあります。

だけど、一瞬で消えていくような流行り曲をするのはもったいないなぁと思います。

ポップスでも長く歌いつがれていくような名曲もありますよね?

 

今は良い時代です。

youtubeで何でも聞ける時代です。

〇年生、発表会の曲 とか、ピアノお勧め曲とか・クラシック 初級などなど・・そういうのを検索ワードにして

見てみてください。そして子供さんが、あっこれが弾きたいというのがあれば、何曲か、10曲くらいでもいいです。

それを連絡ノートに書いて、

先生に相談してみてください。難し過ぎる、簡単すぎる、おもろない。勉強する所ない。ピアノにむかへん・・・

なんでこれやねん・・・

とぶったぎるかもしれませんが(笑)

 

それでも何も思い当たらなければ、お任せしていただくと、2、3曲ご用意しますが、

それを聞いたり、すったもんだしていたら30分すぐ経ってしまいます。

弾きたい曲、好きな曲、お母さんやお父さんが弾いて欲しい曲

出来ればクラシックがオススメですが、これから、1か月、小さい子は3か月前でもいいと思います。

少しずつ決めていきましょうね~~~

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA