ピアノの鍵盤

小さい部屋のピアノですが、

この子はC1Xというヤマハのピアノで7年前に購入しました。

以前は、私のアップライトをあそこに置いていたのですが、

麻美先生との出会いがあり、うちに来てくださるという事が決まり、

アップライトではレッスンが出来ないと、購入を決めて、

一人の生徒さんから始めた部屋のピアノです。

この間 麻理子先生のレッスンの時に表面の白いプラスティックがはがれて

えーーーーーーーーーー!!!となり、急遽ヤマハに連絡したところ

この年代のピアノに時々そういう事が起こるらしく、

鍵盤をお貸しするので、修理に出してくださいという事でした。

そして、今日。鍵盤の交換

鍵盤って、どこまでを鍵盤というかご存知ですか?

わかるかな・・・白と黒の鍵盤の奥、調律師さんの手があるもっともっと奥

白木の部分が見えますよね?

そこまでが鍵盤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50センチくらいあるのですが、ここが長いと音のニュアンスが細かく出るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをピアノの上に並べて、段ボールに順番に撤収されて

そして、貸していただく鍵盤を差し替えていかれました。

うちのを張り替えていただいて帰ってくるのは15日です。

浜松本社工場までちょっと旅行に旅立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、右端がみんなが弾く白い所の鍵盤です。

長いでしょう? 鍵盤って

 

貸していただく鍵盤は少しだけ隙間にばらつきがあります。

気になる方ももしかしていらっしゃるかもしれませんが、

すみません・・・2回だけ辛抱してくださいね。

 

6月からやっと子供達が戻ってきてくれるのに、鍵盤が・・・(笑)

 

少しだけ早く始めた私の生徒さんの数名が、久しぶりにグランドピアノを触って

「わぁっ!」といって、手を挙げました。

どうしたん?というと、なんともいえない顔をしているので

「音が違う?触った感じが違う?」というと

「うん、良い音がする」だそうです(笑)

久しぶりに触ったグランドピアノ、一週間に1度でもそれを触るかどうかで違うんですね~・・

やはり、アップライトピアノでは、この鍵盤自体の長さが違うので、例えばmfとfの間の音が欲しいといってもなかなか思ったような音が出ないのかもしれませんね。

全くグランドピアノを触った事がない子は、違和感ないのかもしれません。

2か月弱グランドピアノを触ってないと、やっぱり違うんですね。

子供ってすごい!

というわけで、6月1日から、4月からのスケジュールで、始まります!

普通のレッスンが(笑)

今日、オンラインの子が居なかったので、ピアノの上にずらずら~~っと

並べて、その日のオンラインで使う楽譜をピックアップして並べていましたが、

それも、片づけました・・・・。

やっとです。

ふぅ~~~・・・。

 

第2波・・・来るなよ((+_+))

 

 

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA