お盆も終わりますな。

お盆休みもあと一日となりました。

そろそろ準備に取り掛かっております。

教室のカーテンもどちらも綺麗に洗い、第2教室のマットも洗い、

気持ちいい空気になりました。

それから20日にはどちらも調律しま~~す!

20日の方から、ピアノの音も気持ち良くなります。

 

ピアノと言えば・・・

ある所から新着ニュースのチラシが来ました。

それに載っていたのが、ヤマハ1994年製造のグランドピアノC1が

118万で売っていまっせ~というチラシ。

ん?ちょっとまて・・・。

そう、私もね、C1持ってたよ。確か、買ったのは1998年くらいだったかなぁ

当時115万が定価でした。

26年経ってる中古が・・・なぜ高い?(笑)

は~い、ここでクイズ。

なぜ26年経っているグランドピアノ、しかも現行機種じゃないモデルが

値下がりしてるどころか値上がりしてるのでしょう~~~~かっ!!!

これね、車だったら、26年経ってたらほぼほぼ価値無いどころか、処分料かかりますよね。

電気製品も同じ。

 

答えはこーれーだぁ

26年前 定価が115万だったピアノ。

実は同じ大きさの今の現行モデルは165万プラス消費税なので

ちょっと180万かかります。

そう、グランドピアノってね、5年ごとに5~10万円ずつくらい・・・

どえりゃ~値上がりするわけなんです。

5年ごとに、9万上がっている計算ですね。115万→25年として計算すると・・・

なので、ちょっとモデルが変わったとは言え、同じサイズのピアノですからね、

素人さんにはわからない、いえ、玄人さんでもわからない。

ほとんどの方がこの時の価格をご存知ないので、今の新品のピアノと比べて「安い」って思うので売れるんですねぇ・・・

 

単純に26年前のグランドピアノが118万ですよん

でも新品買ったら180万よん~ どうする?みたいな・・・

 

何が言いたいか。

そ、グランドピアノは下がらないという事です。

特にコンパクトなC1は高値で売れます。

実際・・・私がC1を買ったときは、なんだかんだと値引きがあって、100万くらいで買ってます。(その頃消費税も無かったような・・・)

でね、10年後に、サイレントの付いた一回り大きなC3を買いなおした時に

下取り価格として、90万ついたの。

下取りとはいえ、10年使って100万が90万で売れたという事。

すごいでしょ・・・。

1年で、1万の値下がり・・・レンタルより安い(笑)

 

ただね、次に買ったサイレントは機械が付いてるので早く手放すつもりでした。

7年使って今度はCX3(機種が変わって、CシリーズはCXシリーズとなりました。

マツダの車じゃないよ(笑)

これはねぇ7年しか使ってないのに、かなり値下がりありましたね。

電気モノはやはり電気製品と同じ感じになります。

 

というわけで、

グランドピアノが欲しいなぁと思ってらっしゃるあなた!!

値下がりしないのは、電気モノが付いてないコンパクトなグランドピアノです。

あ・・・C1サイズより小さいのはお勧めしません。

コロナ禍の今、

逆に値下げ交渉期待できるかと♪  知らんけど。(真面目な話)

ピンチをチャンスに!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA