悩ましい時期

土曜日は昨日広報誌をお渡ししましたが、

今回は発表会の事を書いているので早めにお渡ししています。

だけど、ノーリアクションの方が多く、子供達に聞くと「え?知らん」

うん、お母さん読んでおられないんだな(笑)

発表会、うちは希望者だけなので、「出ます」という意思表示が無いと

時はそのまますぎてしまいます。

悪くすれば、発表会が終わってから、お友達に聞いて「え?知らんかった、なんで薦めてくれへんかったんやろ・・・うちの子は出たらあかんかったんかな」

という事になり兼ねません。

だけど、希望者だけと言っている以上、こちらからごりおしすることは無いんです。

黙っていたら、え?出るなっていう事?と思われる方もいらっしゃるし、発表会の事を言うと、え?知ってるけど出るつもりないから言わなかったんやん・・・?しつこいな

とも・・・いろんな考えのお母さんがいらっしゃるので、ここが難しい所で、悩ましいですね。

私、蛇年なんですけど(笑) しつこいのも苦手だし、しつこいなと言われるのはもっと嫌なんです(笑)

だから、さらっとしか言いません。広報誌に書いてるので、それをお読みくださいという感じです。。。

もちろん参加表明をされた方はどんどん曲が決まっています。

一番は、どんな曲が弾きたいかということなんです。

昔は(私たちの頃は)「はい、これ発表会の曲」と渡されていたので、

なんじゃこれと思っても弾かなければならなかった。。

もちろん、発表会のプログラムの構成や、イメージ、その子に克服して欲しい事が入ってる曲だからとか・・・そんなのもあったとは思いますが・・・。

それが嫌であくまで自由にしています。

最近はyoutubeという便利なものがあるので、例えば「クラシック 中級」と入れれば

どんどん色んな曲が出てきます。

あと、歌謡曲などや、有名な映画音楽などのものであれば、ぷりんと楽譜などのネットツールを使えば

それはそれはオーダーメイド?と言われるくらいの細やかなスキルにわかれてアレンジされたものが購入できます。

そのあたりは曲名を言ってくだされば講師がその子のレベル、もしくはがんばって欲しいレベルのもの、または忙しいだろうから無理しなくて弾けるであろうレベルなどを考えて

こちらで購入して、請求させていただきます。

クラシックが良い子は、どんな雰囲気がいい?などを聞いて

数曲聞いてもらいます。

ピアノの上が楽譜だらけになる今の季節。

選曲が終われば、ひと段落付きます。

 

発表会の曲、私も数えきれないくらい出ましたが、時には長い人生でとても大切に思える曲と出会える事があります。

そんな曲と出会って欲しいなぁ・・・

 

食欲の秋

舞キッチンというお弁当やさんのガパオライス500円(笑)

いただきました。美味しかったぁ

あと、ハナサクプラスというサンドイッチも買いに行きました。

これも美味しかったぁ

何気にあるストレスを食欲で相殺しています(笑)

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA