にゃんこのワクチン

長い事雨が降りますね。梅雨どころじゃない雨・・・

あちこち被害が出ているようで心穏やかに過ごせませんね。

あと、コロナ・・・

兵庫県1000人超えました。私は9月からレッスンするつもりでいますけど、

学校はどうなるんだろう。。。今までどうりするのかなぁ

ワクチンも十分みんなに行き渡ってないし、どうなる事やら・・・。

そして我が家の毎年の憂鬱な季節がやって参りました。

それはにゃんこのワクチン。(コロナワクチンじゃないよ)

病院に行くのににゃんこバッグに入れるのですが、そういうそぶりがあったら、

速攻で居なくなります。 にゃんこと知恵比べです。

そして病院に着くと震えます。

バッグごと抱っこすると震えているのです。

かわいそうでかわいそうで・・・それで気が重いのです。

大人しい猫だけど、病院の看護婦さんには「シャー―!!」とか「フーーー!!」

と怒りまくります。

といってもニャンコの病気から守るため、1年に1度行かなくてはいけません。

久しぶりだったけど、

そりゃ覚えてるよね。

左上にある 青い台は診察台なんだけど、そのものが体重計になっています。

看護婦さんが体重測るから乗せてください。とバッグから出すともう「ウーーー」

そして、看護婦さんが「先生呼んできますね」と部屋を出たら

しれーーーっとさっきのバッグに入る。

そして、私をみて「母さん、帰ろう!!ねぇ帰ろう!!早く帰ろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と訴えるんだけど、りゅうさん・・・あなた今からです。。。

と無視してたら、

「もう ヤダ!!( ;∀;)」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッグの隅に顔を突っ込んで隠れる・・・ふり

先生登場

「あっそのまま打とう」とお尻にブスリ

瞬間の出来事でございました。(笑)

やれやれ1年の心配が終わりましたな。

先生とおしゃべり(猫は帰りたいだろうけど)

小さい頃は良くお世話になったので

彼は白血球が生まれつき少なくて、長生きしないかなぁと思ったけど

先生9才になりましたよ。っていうと

わ~~そうよねぇ・・・どうなるかなぁと思ってたけどもう9歳になるんや・・・

僕も歳をとったなぁ・・・あはは

先生、猫もコロナになりますか?

なるなる。飼い主がなったらコロナにかかってえらいことになるよ。

 

なんと・・・また懸念材料増えました。( ;∀;)

早く居なくなれ・・・コロナウイルス!!

 

暇なので映画を観ていたら、その中で心を掴まれるセリフを耳にしました。

No Rain, No Rainbow

雨が降らなければ、虹も出ない。

ハワイの言葉だそうです。

ちょうどその言葉を口ずさみながら車に乗ったら虹が出ていました。

(橋の手前で停めて写真を撮りました)

 

 

 

 

 

 

 

No Rain, No Rainbow

私の病気も、今のコロナ禍も・・・いつか美しい虹が見えますように。

 

 

 

 

 

This entry was posted in レッスン日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA