イカナゴウォーズ

今日から3月。

今日1日はお休みにしていたので、調律師さんにお願いしていました。

小さい部屋のピアノはタッチを軽くして欲しいと先生達に言われていたのでそれをお願いして、私の部屋のピアノは低い音あたりの結構な数の音が、ぼぉ~~~んと変に共鳴してそれが耳障りだったので、調整してくださいとお願いしました。

うちの家は、リビングの入り口に鍵がかかるので、ピアノの部屋にどちらも入ってもらっていいです~~とお願いして、

さて、ここからが

毎年恒例のイカナゴウォーズ

ボールペン・メモ・☎・iPadをテーブルの上に並べて9時過ぎから近隣のスーパーにかたっぱしから電話をかける~~~♪

かんすー 不漁で入りません

ヤマダストアー はなっから入れません。(ここは不買運動してますね。イカナゴの乱獲に怒っておられるのでしょう。)

ダイエー  はいってきますが、いくらになるか何時になるかわかりません。(大体こういう所が多いのね)

そして、マルアイ(学園都市)威勢のいい男性が電話に出られて「2980円にさきほど決まりました。10時くらいまでには入る予定です。」だってさ

 

は~~い!!決定。今年はマルアイに決定。

急いで行くと、いつもの光景

そう、おばちゃんたちがカートを持って並んでます。

そして私も並びます。

毎年、いつも違う顔ぶれなんですけど(当たり前)

イカナゴ連合軍のコミュニティが出来上がります。(笑)

「去年は○○だったわよねぇ~~~」

「そうそう、でもここは最初からぼったくりなんてされないのよ~~」

「2キロにしようかしら・・・3キロにしようかしら~~うちは旦那が炊くのよねぇ」

 

と、それはそれは、イカナゴ情報のコミュニティが出来上がりますから、

待ってる間はちっとも退屈じゃないんです。(笑)

その生イカナゴをもってスーパー歩いてたら、また知らない方が私の手を掴んで呼び止める

「今日なんぼやった?大きさは?ちょっと見せて」

と(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと話してたら「ごめんね、早く帰って 炊き~~~」

と・・・もうね、イカナゴ仲間ですね、みんな知らない方ばかりだけど(笑)

 

今年は、パック数の制限が無かったので、私は3キロ(パック)

母の分が1キロ と合計4キロ購入

値段は、まぁ去年よりは高いけど、おととしの4000円という高値ほどじゃないし

何よりいつもなら、イカナゴ炊いた日は めぐ先生「せんせ~イカナゴのにおい~~~!!」と教室に入って突っ込まれます。

家中臭くなるよね。

服も顔も、髪の毛も臭くなる。

それでも面白いから炊きたい。けど、今日は休日~~~~

だから、思い切り炊きました。

うちは、クルミを少しだけ砕いて、それと柚子の皮を刻んで入れます。

もちろん生姜も入れるけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸に来て20数年・・・? 炊いてない年はありません。

なんかね、炊かないと気持ち悪いのよね。

春が来ない気がして・・・

意地というか、しつこいというか・・・

最高値の時も2キロは炊きました。

 

毎朝、夫と話す時間が5分の間、いつもは「おはよう」「猫は?」「いってらっしゃい」この3つの話なんだけど、今日は違います。

 

私「何キロ買おうか」

夫「二キロくらいでええんと違うか?」

私「そやね、私もそう思う」

と話はついていたのですが、ここ数年で数の制限がなかったのは久しぶりだったので

思い切って3キロ。

美味しいのが出来ました。

 

美味しい美味しいと食べる夫に

来年は炊けるかどうか、人の命なんてわからないよ。

自分で炊けるようにしとかなくちゃ・・・

実はFacebookで、よく存じてるピアノの先生が急に亡くなったんです。

数日前に私の投稿にコメント付けてくださったばかりなのに、

次のコメントはその方の投稿にご主人が「急に妻が亡くなりまして・・・」

という仏壇と遺影が写っていました。まだ私よりお若い方だったと思います。

人の命ってわからないもんね・・・

私も来年いるかどうかわかんないよ。

というと、「そうじゃのぉ買ったのは辛うて食えんからの」

そこはもっと違う言い方があるやろと思ったけど💦

女心は永遠に解らないタイプの人なので仕方ない。

だけど、教えてあげるほどはもう今年は炊かないよ~~~

もし居なくなってたら、ニュースを見て泣いて偲びなさい(笑)

 

そして調律師さん、結局4時前に帰られました。朝の10過ぎに来られて・・・💦

申し訳ない・・・

少しだけ、くぎ煮をおすそ分けしました~

 

また来年、炊けるといいな♪

 

 

This entry was posted in レッスン日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA