コロナパニック(私じゃないよ)

去年の7月に妹を亡くした夫ですが、両親は京都に暮らしています。

ちょうどそのお葬式の日に2回目のワクチン接種だった両親ですが、

2月25日に3回目の追加接種を近所の病院で打ったそうです。

義母は元気な81才か82才(定かでない)けど

義父は、国の難病指定されている血液の病気だったりと色々と基礎疾患がある89才。

下のお世話も必要なので、義母は施設に入れようか、いや、寂しいし、でもキツイし・・・どうしたものかと最近 よく電話がかかってきていました。

近くに住んでいる娘も居なくなっちゃったし、頼るのは少し離れた息子。(夫)

施設を色々探して、空いてる所を探して、見学に連れて行こうかと言っておりました。

 

2月の終わりくらいから、体調が悪い、副反応がしんどい・・・

しんどいのにじいちゃんの面倒を見ないといけない・・・

辛すぎる。。。死んだ方が良い・・・。

と毎日のように夫に電話がかかってきていました。

そして、3日くらい前からじっちゃんの顔色が悪いと言い始め、

デイサービスから熱があると帰されたと・・・。

でも、義母が測っても無い・・・でも顔色が悪い・・・

起きて歩けない。というのを聞いた夫は「救急車を呼べ」と・・・

「でも熱が無いから」と言っていたのですが、

夕べ夜中に熱が出て救急車を呼んだそうです。

 

89才なのでね、何事があっても不思議は無いと、夫も私も覚悟しましたが、

ん?先に体調が悪いのはばっちゃんじゃなかった?

と、さかのぼると・・・

もしかしてコロナのワクチンをうちに病院に行った頃、遷って帰ったのでは?

となると、ばっちゃんも体調が悪かったのは副反応ではなく、本物のコロナだったんじゃない?

えええええ?

でも夕べ救急車で運ばれた京都市民病院では、義父の検査をして、陽性と診断され、

そのまま義母は検査もなく帰って来てるんです。

そしてしんどい・・・と電話をかけてきます。

じっちゃんの杖とかサンダルとかあるから病院に届けて欲しいと夫に言います。

私は電話の前で全力で首を横に振り

夫も「コロナじゃないか!おかんもコロナじゃないか・・・わしも62才じゃ、行けるわけないじゃないか」と言う・・・

 

冷たいわけでもなんでもなく、ほんとに夫も2回目のワクチンからそろそろ半年

いくらお休みで時間があって、車があっても行けません。

もどかしいけどいけません。

そして、体調が悪い母親に 救急車を呼んで病院に行けと言いました。

だけど、検査をしていない人を運ぶわけには行かない。と言われたそうです。

検査は日曜日だからどこもしてない。

かかりつけの病院で検査をしてもらってくれと保健所から・・・

いやいや、日曜日で開いてないっちゅうの

 

なんで?なんで昨日、あなたも濃厚接触者だから検査しましょう

じっちゃんが目の前で陽性になってるわけでしょ?

あなたの体調はどうですか?って聞けないの?

検査しましょうってなんで言えないの??若いのならいざ知らず、高齢の一人暮らしだよ?

保健所からの連絡が先なので・・・って

それで、自宅療養者が沢山死んでるんじゃないの?

私なら怒り狂うけど・・・

(夕べ、広島のやくざ映画をアマゾンプライムでみちゃって、出てくる言葉もガチもん)

なんなら、私が言ってあげようか?

というと、「いや・・・言うても仕方ない、決まりなんだから」

と・・・夫は常識人なので(笑)

 

と・・・

なりましたが、じっちゃんは運ばれて酸素吸入をして、相当元気になったらしく

サンダルがいるから病院側が買ってもいいですかと病院から電話がかかってきました。

そして、ばっちゃんも声の張りもいいので、明日かかりつけ医でPCR検査をしてもらう予定です。

きっと、大丈夫でしょう。

 

それにしてもじっちゃんは、何度も救急車で運ばれていますが、よみがえります(笑)

強いですね~~~!!

 

でも老夫婦が二人で暮らして老々介護の中で二人ともコロナにかかってしまうということもあるんですね。

今朝は夫も 来いという母に大きな声で「いけへん!!って」って言うし、

プチパニックになりましたが、どうやら・・・このまま治って普通の生活になるのではないかなと思われます。

私はいつも最悪の事を考えてしまうので、

ああなったら、どうする?こうなったらどうする?と焦りました。

怖かった💦

This entry was posted in レッスン日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA