誰かに褒めてもらいたい

ちょっと今日は発表会の話ではなく・・・

私のぼやき・・・

私ね、アップルウォッチをGW明けに買ったとここで書きました。

一日に、30分の運動

一日に、250kCKL以上動く事

1時間に1度は1分以上立って動く事(座りっぱなしがダメ)

この三つを達成したら、3つのリングが出来ます。

もちろん、一番大変なのは運動する事なんですけどね。

これ見て~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入してから、毎日土日もほとんど欠かさず(5月は最初の土曜だけ完成せず)

3つのリングを達成してるわけです。

何故か・・・

それはやらない日、このリングが埋まらない日は気持ち悪いからなんです。

しかーも色々達成することで、バッジがもらえるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、実際のバッチではなく、こんな感じでスマホでみれるバッジという・・・

なんでこんなもんに・・・と思うでしょ?

そう、私も思いました。

でもね、大人になると誰かに褒められることって無いですよね?

だけど、やればやるほど、がんばればがんばるほど、アップルウオッチが認めてくれて

がんばったねバッジをくれるからなんです。

 

ダイエットとピアノの練習というのは似てて、即効性が無く、自分でも成果が解りにくいから、こういうのがあれば人間ってやる気が出るんですね。

私がそれを言う前に実行されたお母さんがいらっしゃいます。

お姉ちゃんは黙っていても練習するタイプ。だから自分でもわかるくらい上手になるから、また練習するといういいサイクルが出来ていました。

弟くんはお姉ちゃんと違うということに気が付いたお母さんは、カレンダーにシールを貼ってそれを見える所に置く。ということをお聞きしました。

それだけでここんとこ随分本が進むようになりました。

これが癖付くと、練習しないと気持ち悪い・・・という気持ちになるのかもしれません。

彼はカレンダーに褒められ、お母さんにも「練習しなさい」と言われるストレスが無くなり、上手になるという・・・良い事ずくめです。

 

あと、面白い話ですが

ある男性が職場で「最近、胃がもたれて・・・食べ過ぎちゃうんだよね」

と困っておられたそうで、

事情を聞くと、子供さんが煉獄さんの真似をして「美味い!!!美味い美味い!!」

というもんだから、奥さんが気を良くして沢山のメニューが並ぶようになったんだそうです。(笑)

 

笑ってしまいましたが、

大人でも誰かに認められたい。誰かに褒めてもらいたいという気持ちがあるんだから

子供にも当然そういう欲求はありますよね♪

子供が大きくなると、誉める事も少なくなって来ている事にお母さんは気づきにくいのかもしれません。

息子が、孫の動画を送ってくれます。

ただただ、歩いているだけの孫に「すごいねぇそこまで歩けたの?すごいねぇあそこまで行ったの?」とちゃーんと褒めてるんですよね。

ただ歩いてるだけなのに(笑) 歩いてるだけよ?(笑)

そういえば、私も子供が小さい頃は同じようにやってたなぁと思います。

子供が大きくなるにつれ、大人に近くなってると思う。

だから親が練習しなさいって言わなくても自分でするだろうと思う。

でもしないからお母さんが怒る

子供も萎える

という悪循環が知らず知らずに出来ているのかもしれません。

そんなことを言われても私も誰にもほめてもらえないと言っておられるそこのお母さん

アップルウオッチを買ってほめてもらいましょう(笑)

私はこれで疲れにくくなったし、体重は測ってないからわからないけど、

昔買った服が入るようになりました。

私の友人は9キロ体重が落ちたそうです。

あ・・・アップルウオッチは厳しいです。

誉めてもくれるけど、このカレンダーの日付見てください。

6月5日、そう発表会の日だけ疲れ果てて、運動できなかったんです。涙(これがぼやき)

あ~~せっかく続いてたのになぁ・・・バッジももらえそうだったのに・・・

と思いながら早めにベッドに入った11時

アップルウオッチが表示したのは

「きょうはまだ時間がありますよ!」

ひぇ~~~今から運動しろと??無理無理と泣く泣くバッジを手放したのでした(笑)

 

This entry was posted in レッスン日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA