選曲自由の理由

うちの発表会は選曲自由です。

理由は、好きな曲をがんばって欲しいから。

私が小さい頃の先生は、「はい、この曲が発表会の曲ね」

と、選ぶ余地などなく渡されていました。

それが、好きな曲ならいいのだけど、弾き続けても好きになれない曲もありました。

そういう曲を練習する時の、テンションの下がり方(笑)

これ・・・好きになれない。っていえるような先生でも無かったし。

今、私が渡す側になり、先生の意図する事はわかるようになりました。

今はこの曲を弾いて欲しいとかね、足りないものを補うような曲を渡されたのかなと思うけど、

まぁ知らないクラシックばかり。

 

発表会はね、お金もかかるし、親の思いも色々ありますよね。

今は、YouTubeなど、とても便利なものもあります。

私が知らない曲も世の中には一杯あります。

だから、とにかく本人の心がくすぐられるもの、揺さぶるもの、なんかわかんないけど、好き。これが弾きたい。

っていうものを親子で楽しんで選んでいただきたいと思うのです。

例えば10曲をノートにリストアップしていただいていたら、その中から、難易度、などをチェックして、

話し合って決めたいと思うのです。

ずっとずっと好きで練習して欲しいから。

それをね、レッスン中に出来たらいいんだけど、30分なんてすぐ・・・4曲聞いただけで終わっちゃいます。

 

だけど、それが苦痛になる方は、こちらで用意します。その子に合うであろう曲、好きになってくれるであろう曲

それが難しいのですけどね(笑) 一オクターブ届かなかったりね・・・

なので、親子で決められない時は遠慮なくテンポが速い曲とか、ゆったりした曲とか、好きなタイプの曲調を教えてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、今日と私はお休みでした。

今日は私の誕生日でした。(#^.^#)

昨日は、家族で『深記』という中華料理屋さんに行ってきました。

その後は、美容院♪

そして今日は、レーブドゥシェフのちっちゃいケーキを娘がおごってくれました。(笑)

54年前、両親待望の女の子だった私は、一週間後、退院時

広島の中電病院だったのですが、

母は、大事な我が子を抱いて、喜びいっぱいだったそのエレベーターの中、

小さな骨壺を抱きしめたお母さんと一緒になったそうです。

この話、もしかしたら毎年書いているかもしれませんが・・・

勝手にその方の分も一緒に生きていると思っています。

 

与えられた命は当たり前ではなく、奇跡です。

昨日、今日はこの歌がずっと頭の中でエンドレスで繰り替えされました。

まさに私の心境

いい歌です。

 

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA