グランドピアノ

前々回の時にグランドピアノを購入されるかも・・・というお話を書きましたが

ついに購入されました。

カワイのグランドピアノです。

おうちがマンションなので、ピアノマスクというものを取り付けられました。

そのご家庭は、まだまだ若いママとご主人と今度小学校に上がるぼっちゃまと

その下にもう一人のぼっちゃま(笑)

実はそのママがピアノを昔習っておられて、最近私に習っておられます。

弾きたい表現がうちでは出来るのに、家のアップライトでは出来ないと思われたのか、

グランドピアノを買って上手になりたいという気持ちももちろんあるだろうけど、

家にグランドピアノがあって、満足する音色で練習したい、そんな音で子供達も弾いて欲しい。

という気持ちもあったのではと思います。

 

私はもちろん持ってるからわかるけど、

車好きの観点から言わせてもらうと、車のあのエンジン音に体が癒され

低い音ドロンドロンという音に満足感を感じ、乗っていても、すぅ~っとアクセル踏めば

頭が残るくらいのスピードでアクションしてくれて(いや今の車じゃないですよ)
乗るたびに、「うん、良い車だ!!幸せ~~」と感じるのとよく似ています。(笑)

 

昔同じようにママもやっておられてマンションにお住いのお母さんがグランドピアノを購入された事があります。その時に営業さんが、彼女に向って

「良かったな。小さい時からグランドピアノで弾いているとグランドピアノの手になるねんで」

とおっしゃいました。

その時グランドピアノの手ぇ~~~??

と解らなかったんですけど、

彼女も去年までレッスンに来てて、(今回四国の公立の大学に受かったようです。)

彼女から出てくる音で何度泣かされたかわかりません。

か細い指から、ストンと鍵盤に落とされる指はまさしくグランドピアノの指でした。

これがそうか・・・とまるで、珍しい動物でも見るように(笑)

見ていましたが、グランドピアノって真ん中に引っかかりがあるんです。

それを上手く掴んで鳴らすというのかなぁ ピアノのボディを隅々まで全部使って表現するというのかなぁ

上手く言えませんが・・・そんな感じ。

テンポの速い曲になると、打鍵がアップライトとグランドは倍くらいグランドの方が音が速く鳴ります。

そのあたり、構造が違うし、鍵盤が長いので(見えている鍵盤じゃなくて奥まで)

ppからffまでの表現が細やかなんです。

実際 今回の発表会で、家では鳴らない音がここでは普通に鳴ると言っていた子も数名いました。

車くらいの値段がしますが、まず車ほどの値段の暴落もないし、一度買ったら一生、いや代が変わっても使えます。

事故の恐れもないしね。

楽器は値段で随分と差が出ます。

良いものはずっといい音で聴ける(当たり前)

特に小さければ小さいほどその価値はありますが、

なかなか小さい子供さんにグランドピアノを購入される方はいらっしゃいません。

まぁ それもわかる。

でも大きくなってから、かなり難しい曲を弾けるようになってから、欲しいといっても

親御さんは買ってくれませんね。そろそろ羽ばたく準備の時期だから・・・

それもわかる。。

 

今月末には入るみたいです。グランドピアノがお家にやってくる♪

これから家族の宝物となって、ママや彼らの心のケアをしてくれる友人のような

ピアノになってくれる事と思います。

あ・・・もちろん、ピアノを将来のなりわいにするとか、仕事に使うとか

そんな気持ちは一切ないと思います。趣味ですね♪

 

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA