お月謝改訂

この1月からお月謝を改訂させていただきました。

昔 私の師匠にお月謝はどれくらいにしたらいいでしょうかと悩みをぶつけたらこんな答えが返って来ました。

「足裏マッサージに負けるのは絶対だめ。あの人達は大人になってから習って(勉強して)始めたもの。私たちとはわけが違うんよ。

私たちは小さい頃から、毎日練習して、毎週レッスンを受け色んな修行をしてる。楽器代も勉強代も相当かかってるの。それは目に見えないものだけれども、体の中、頭、指にずっと積み立てて来たもの。

安売りなんかしちゃダメ」

そう言ってくださいました。

考えてみればそうなんです。楽器代だけでも総額1000万かかってます。それに勉強してきた金額を上乗せするともっともっともっとかかっているわけで、足裏マッサージに負けたらあかんよね。

しかも私たちが習った頃は今のお月謝と変わらないのよね。

いや・・・もっと高かった・・・。

40年前と・・・物価はかなり変わってるのに。

それでもまわりの平均のお月謝を聞いても神戸に来て間もない新参者が普通のお月謝は戴けないと思い、お安くしていましたが、

その頃お話を聞きに来てくださったお母さんの御一人が

「お姉ちゃんは高い所に習わせておりますの。ここはお安いから練習しない息子はここでいいかなと思ってお願いしたいんですけど」

・・・・・・・・

お月謝を安くすることで、ピアノは高いから習えない子のハードルを下げたつもりでいたのは

間違いだったんだと・・・

 

 

そこから私の戦いは始まりました。

オリジナルの教材を作って、ヤマハから本を出版させてもらって・・・。

レッスンルームも防音にして駐車場完備

待合にも冷暖房を付けています。

やっと・・・足裏マッサージに勝てるお月謝をいただけるようになったと思っております。

私たちは、音間違いだけを指摘してるわけではありません。

その子の体調、性格、出来ない部分を把握して、頭の中で今ここで何の言葉が必要か、どういったら理解してくれるかを瞬時に考え発信しています。

レッスンが終わったら脳みそが数パーセント、溶けて無くなっています(笑)

まぁ個人差もあるんですけど・・・

そろそろ、妥当な金額をいただいても良いのではないかと、そう確信したので、値上げをさせていただきました。

先日東京で、あと3名の先生達とそういう話もさせていただきましたが、うちが一番安かったです。

同じようにヤマハから本を出版されてる方のお月謝はうちより3000円も高うございました。。

(その先生は出版されてすぐに3000円の値上げをされました)

うちは、500円のUP・・・まだいけるか!(うそうそ)

というわけで、2018年この金額でスタートさせていただきました。ご理解いただけたらと思います。

 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA