ガチなお金の話(笑)

中学2年生のMちゃん

先日、トライやるウイークが終わったばかりです。(職業体験)

少し、それで、職業とか、お金とかに興味がわいたのでしょうかね。

レッスン中に服の話になり、彼女ダイレクトに「先生は服はどこでかう?」

「〇〇〇かな・・・ほとんど」というと「え~~~たかそ~~」

「うん、高いよ」というと「じゃ、そのスカートはいくらだったん?」

「〇〇円」「え~~~~たか」

一度にどれくらい買うん? 何枚くらい? 先生沢山持ってるよね、その中で一番高いスカートは?などなど

と、服代の話(笑) すべて真摯に答えさせていただきました(笑)

そして、でも先生儲かってるからやね~~お金持ちやんね~

っていうので、外から見るとそう見えるのかな。単純計算できる金額ってあるもんね

だけど、見えないお金っていうのがちゃんとかかってるんだよ。というと、なになに?というので

例えば、この家だって、二つの部屋に防音工事をする為に相当かかってるし、駐車場も作ってるでしょ?

ピアノもどっちのピアノもヤマハの最新だよ。グランドピアノだけで、私が買ったのはこれで4台目

みんなには新しいピアノを使ってもらってる。調律は年に2回(1台につき)

真冬にも真夏にも3基の冷暖房がんがんにつけて、トイレのお水代、電気代、かかってるでしょ?

プリンター、インク代、パソコン代・・・資料としての本代。まぁ色々あるわなぁ

というと「うん、そうか~~~」

ここにあるエレクトーンは5代目、今はこんなおもちゃみたいなの置いてるけど(笑)一番高かったのは200万だったんよ~

ここにある本だって、自分が使っていた本ももちろんあるけど、教室の為にだんだん増えた本がほとんど。

総額どれくらいあるかなぁ何百万はかかってると思うわというと「えーーーーー」

しかも、昔、私たちが習っていたころは、今のお月謝と変わらなかったんだよ。50年前と・・・。

ということは、今はお父さんのお給料の何分の1かな。私たちの頃は、ほんとに高かった。

先生がお休みの時も返金も振替もない時代だったし。

それなのに、エレクトーンとピアノの両方を習わせてもらってねー、

それだけでも今の私には相当お金がかかってるのよ(笑)

それから、教える為にも色んなセミナーへ行ってスキルを上げてるのも、時間とお金がかかってる。

(若い先生たちもみんなそうですね。相当親御さんはかけておられます)

だから、あなたが計算した私の収入は、この教室を作ったお金、維持費、

そしてこれまでにかかった私自身にかかったお金と努力で掴んだ技術を小出しにしてるものなのでーす。

だから、ジーパン履いて教えたくないじゃない?みんなにお金をいただいてる30分

膨大な努力とお金がかかってる技術を放出する時に、ジーパンで出したくないじゃん?

というと「そうか~~」と納得(笑) だからお医者さんが白衣を着るのと同じように、

これは私の仕事着♪ 自分で自分の価値を落としたくないわけよ。(笑)

 

まぁそれを差し引いても、そこから税金もとられるわけだしね。

私が稼いでるように見えても所詮普通に働いてるMちゃんのお父さんとか

うちのおじさん(夫)にも勝てないレベルの収入だよ。というと「そうなん?」と(笑)

そだよ~離婚したら、家も駐車場もピアノもないから出来ないし、病気したってダメでしょ?

だから薦めないんだよ~この仕事。というと「そうなんだ~」と何を言っても目を丸くしてる。

その後「この間ね、鳥取の境港のほうのヤマハに行ったら先生の本が置いてあって、わぁこんな所にも売ってるんだと思って・・・」

というので、(そりゃそうだと思いながら)「ふむふむ、それでも儲かってると思うわけね」というと「そう~~~」

私がいただいてる印税というのはほんのわずか、〇パーセントなんだよというと「えーーーじゃ、誰が儲けてるん?」

なるほど、まぁそう思うよね。だけど、私が本を作るときに、担当の方とやりとりしたメールはものすっごい数なんだよ、何百、何千に行ったかもしれない。もちろんその方を雇ってるのはヤマハという会社だし、

それを本にするためには、それを清書してくださる印刷会社、紙代、インク代、あるわけじゃん?

その印刷会社も儲けがないとやってられない。イラストを描いてくださった方にもお金は行ってるわけ

そして、できたものをヤマハがあちこちの楽器店に卸す時もこの金額じゃ無理でしょ?楽器店の儲け分もいるんだから。

沢山の人の手が必要で生まれたものには、それ相当のお金が発生してるわけよ。

だから、私の所にはそれだけしかないの。だからほとんどそれは儲けにはならないし、そもそも

儲けようと思って出したわけじゃなく、私が知ってる事を本にすることで喜んでくれる人がいるということ

Mちゃんだって、この本で勉強したじゃん?というと「確かに」

 

おしゃれに興味がある子なので、服代からどんどんお金の話になりましたが、

Mちゃんも好きな服が買いたかったら、そうね・・・今はとりあえず、勉強するこっちゃな(笑)

と、ぶっとび経済学?(笑) なのか、社会勉強なのか・・・

ピアノを教えずにそんなことをこんこんとおしゃべりして終わりました(笑)

まぁ彼女の成長の過程で何かの参考になればいいかなあと思ったけど

よく考えたら、私もあけっぴろげな性格なので、ピーネタ無しでリアルな金額を言いましたけど、

なかなか聞けない話だよね~誰も教えてくれなかったなぁ



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: レッスン日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA